飲む時は注意しよう | 日本の明るい未来のためにもバイアグラの普及を広める必要がある

飲む時は注意しよう

2種類の薬

男性の健康や生き甲斐を支える医薬品であるバイアグラですが、このような薬を服用する際には注意しないといけないことがあります。
それは狭心症と呼ばれる病気の治療などに使用される「硝酸剤」と呼ばれる医薬品と同時に服用してはいけない、と言うものです。
どうして一緒に服用してはいけないのか、その理由にバイアグラの効果が関係しています。
バイアグラを服用すると、内部に含まれている成分が身体中の血管を拡張し、血液を身体中にスムーズに循環させることが出来る状態を作り出します。
その結果、性器を勃起させるために必要な血液がきちんと送られ、性器を勃起させることが出来るのですが、この際、血管を拡張させることによって、服用前よりも血圧が低下してしまいます。
そして、狭心症などに使用される硝酸剤と呼ばれる医薬品も服用することによって血管を拡張させる作用がある為、血圧が低下するのです。
その為、もしバイアグラと硝酸剤を同時に服用してしまうと、薬の効果が乗算されてしまい、過剰に血圧が低下してしまい、命に関わるような危険な症状を引き起こす可能性があるのです。
なので、もし現在何か医薬品を服用していて、その上でバイアグラを服用したいと考えているのであれば、必ず現在服用している医薬品に硝酸剤が含まれているかどうかを調べ、もし硝酸剤が含まれているのであれば、バイアグラの服用を考え直すようにしましょう。